泡沫(アストルティア日記)

オンラインゲーム・ドラゴンクエスト10のプレイ日記です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汝はマネマネなりや?初級(15/03/10)

2015.03.14 (Sat)
DQX風人狼アレンジゲーム、汝はマネマネなりや?に参加してきました。
今回はちょっと趣向を変えて、ログを書き出ししています。
とはいえ、雑談ログの一部省略、誤字修正、見やすいように発言並べ替え等を行ってますのでそのままではありません。
それを踏まえた上でご覧下さい。

今回は、今までのゲームで「用語の意味が分からない!」という声が多々あった為、
開始前にアッシュさんが各用語の解説をしてくれましたので、そのログからどうぞ!

アッシュ「~あるかもしれない略称~」
アッシュ「エテ:エテーネの民」
アッシュ「バサ:バーサーカー」
アッシュ「マネ:マネマネ」
アッシュ「とりこん:とりあえずこんちえに投h(略」
アッシュ「CO:カミングアウト」
アッシュ「とりこん:とりあえずこんちえ追放しよう」

という訳で、ゲーム本戦のログへ移ります。


【参加者14名(敬称略)】
ちぃ、ゆか、オムロ、キリシア、さなえ
ステラ、ソルシエール、カルフェ、ミエルン、いんる
ユウト、マーガリン、うさまる、こんちえ

クライト「「さて!」」
クライト「「マネマネじゃ!」」
クライト「「マネマネが紛れ込んで来たぞい!」」
クライト「「しかも恐ろしい事に……」」
クライト「「世界そのものの終わりも近づいとるぞ!」」
クライト「「さて、皆の者」」
クライト「「ワシじゃ」」
クライト「「村長じゃ!」」
クライト「「お前さん方14名の中に…」」
クライト「「マネマネが潜んでおる!」」
クライト「「マネマネちゅうんはな、あれじゃ」」
クライト「「夜の間に人を食べてしまう感じの」」
クライト「「なんや恐ろしい幻の魔物じゃ!」」
クライト「「アストルティアにはおらなんだはずが」」
クライト「「どっかから来たんじゃの!」」
クライト「「あれじゃ、来歴を細かく語ると」」
クライト「「世界の終わりが近づくでの!!」」
クライト「「これより、皆には2人1組の分かれて」」
クライト「「見張りを行ってもらうぞい!」」
クライト「「マネマネが人を襲うのは」」
クライト「「何でか知らんが夜間だけ、じゃ!」」
クライト「「また、マネマネに襲われた時に」」
クライト「「もしお前さんが魔物キラーなら…」」
クライト「「逆にマネマネを倒せるぞい!」」
クライト「「お前さんが魔物博士であれば…」」
クライト「「双方、一晩生き残る事になるのう」」
クライト「「そして、お前さん方の中には」」
クライト「「エテーネの民を裏切りマネマネにつく」」
クライト「「バーサーカー、ちゅうもんもおる」」
クライト「「バーサーカーはエテーネ側の存在じゃが」」
クライト「「マネマネが村を支配する手伝いを」」
クライト「「しとるというでのう」」
クライト「「端的にいうなれば」」
クライト「「バーサーカーはマネマネの味方、じゃ!」」
クライト「「そして、マネマネじゃが」」
クライト「「マネマネはたった一夜だけ」」
クライト「「同じ部屋の相手を襲わんでも、飢えん」」
クライト「「ただし、二度目はないぞ」」
クライト「「二度目に襲撃を我慢したマネマネは」」
クライト「「餓死するとの噂じゃ」」
クライト「「噂じゃが、本当じゃ」」
クライト「「また、マネマネ同士が同じ部屋にいる場合」」
クライト「「これは飢えたり」」
クライト「「襲撃をしなかった、という事にはならん」」
クライト「「お前さん方の人数が奇数になった場合」」
クライト「「誰か一人はわしと一晩を過ごして貰うが」」
クライト「「その場合も同様、飢えたりせんぞい」」
クライト「「ともあれ、そうやって」」
クライト「「マネマネに襲われたりなんだりしてじゃ」」
クライト「「マネマネ全員がお前さん方の中から」」
クライト「「いなくなれば、エテーネ陣営の勝利」」
クライト「「マネマネがエテーネの数と等しくなれば」」
クライト「「マネマネの勝利、じゃ」」
クライト「「ちなみにエテーネの数、というんは」」
クライト「「エテーネの民、魔物キラー」」
クライト「「魔物博士、バーサーカーの総数じゃよ」」
クライト「「…バーサーカーは夜の間に」」
クライト「「己で命を絶つやもしれんでな」」
クライト「「皆、惑わされるでないぞ」」
クライト「「人の頭数じゃからな!」」
クライト「「マネマネがおらん様になれば良い!」」
クライト「「わしの命も安泰じゃ!」」
クライト「「…さ、分かったかの?」」
クライト「「分からん場合は、体で覚えい!!」」
クライト「「おお、そうじゃ」」
クライト「「皆の食事は」」
クライト「「5日分しか用意しとらんでの!」」
クライト「「5度の会議を経ても決着がつかなんだら」」
クライト「「ワシの勝ちじゃ!」」
クライト「「という事で、双方頑張るがよかろう!」」
クライト「「まぁ、引き分けいうやつじゃな」」
クライト「「さあ、そろそろ戦いを始めようぞ!」」
クライト「「皆、この村名産の」」
クライト「「100面体サイコロを振るんじゃ!」」
クライト「「さて、部屋の指名順じゃが」」
クライト「「今しがた振った100面体サイコロ」」
クライト「「これの数値が高いものから」」
クライト「「時計回りに決めていくぞい」」

※1日目見張り組み合わせ
(指名側→誘われ側、+は余り組)
うさまる→オムロ
ちぃ→こんちえ
ゆか→ユウト
キリシア→ステラ
さなえ→マーガリン
ソルシエール→カルフェ
ミエルン+いんる

【1日目見張り:カルフェさんと】
ソルシエール「よろしくでーす!」
カルフェ「よろしくです~」
ソルシエール「初めましてでしたっけ?」
カルフェ「ですです!」
カルフェ「(たぶん・・・・?」
ソルシエール「よろしくです!いつもは赤髪エルフですw」
カルフェ「おおお~」
カルフェ「間違ってエンター押しちゃったら」
カルフェ「立ち上がっちゃった…」
ソルシエール「あはは」
ソルシエール「あるある」


クライト「「残り半分じゃよ!」」

ソルシエール「何にもできないエテーネです!」
カルフェ「おなじくー!」
カルフェ「頑張って生き残って」
ソルシエール「わーい仲間!」
カルフェ「やっつけましょー!」
ソルシエール「うんうん!やっつけましょう!」
カルフェ「会議は頭ぐるぐるして」
カルフェ「何もできないことが多いけど…」
ソルシエール「私も…!」
カルフェ「ログ追ってたらいつの間にか」
ソルシエール「ほぼカンでやるだけの人なので」
カルフェ「残り時間が少ない!」
ソルシエール「そうそう、ログがはやいw」
ソルシエール「だから見張りメモとかしてるけど」
ソルシエール「なかなかおっつかない…w」


クライト「「朝が来たぞー!」」

カルフェ「お」
ソルシエール「おっと、朝なっちゃった」
ソルシエール「ではでは!」
カルフェ「では!」


※広場へ戻る

クライト「「皆、朝じゃ!」」
クライト「「無事な者はそのまま下へ!」」
クライト「「無事でない者は…」」
クライト「「きぬのローブを着て戻るんじゃよ!」」

カルフェ「2人・・・・!?」
オムロ「死者が二人・・・・・・・・」
うさまる「減った…」
クライト「「さあ、今日も元気に朝カツ丼じゃが」」
クライト「「…うむ、二つ程空席があるのう」」
マーガリン「カツ丼だー…」
カルフェ「(両隣がさびしいです」
オムロ「とりこん使えないやないか・・・・」
クライト「「ゆか、こんちえ」」
うさまる「ほんとだ…」
クライト「「2人の命の灯が消えておる!」」
うさまる「会議にいないとか…」
ソルシエール「なんてこと…」
ステラ「!」
クライト「「では皆、これより」」
クライト「「マネマネ追放を目指す会議を行う!」」
クライト「「会議の時間は5分間じゃ」」
クライト「「皆、5分の間に」」
クライト「「熱く討論をかわすんじゃよ!」」
クライト「「それでは、1回目の」」
クライト「「会議スタートじゃ!」」

【1日目会議】
うさまる「オムうさ 男同士添い寝で平和でした」
さなえ「さなマガ平和でした」
ソルシエール「ソルカルフェ組みへいわー」
いんる「いんるミエルン平和」
オムロ「各部屋状況よろしくおねがいしますー」
マーガリン「さなえマーガリン組平和~」
キリシア「ステキリ平和でした」
オムロ「こっち平和でした///////」
うさまる「///」
ユウト「ゆかさんバーサーカーでした」
キリシア「!」
オムロ「ふむ・・・・・」
オムロ「ちぃさんとこは?」
ちぃ「ちぃこんちえさん部屋こんちえさんバーサーカー」
うさまる「ゆかさんバサか」
ソルシエール「ふむ、ちぃさんは?」
ソルシエール「二人ともバーサーカーね」
さなえ「バーサーカー2ね」
オムロ「バーサーカー一気に動いたの・・・?」
キリシア「こんさんもか」
うさまる「こんちえバサ、ね」
さなえ「今回」
キリシア「てことだね」
カルフェ「人数的にはありえるの・・・かな?」
うさまる「まあでも人数的にはある、か…。」
オムロ「いや」
オムロ「1日目に」
オムロ「動くマネもおるねんで・・・?」
ソルシエール「他ブロックとかもないなら」
ソルシエール「まぁ順当に死者出しどちらかとかでいいよね」
うさまる「ふむふむ」
さなえ「他の部屋から何もないならそうだね」
キリシア「ふむ」
いんる「初日同時はマネの可能性大」
オムロ「両方吊りでいきたいねー」
カルフェ「fmfm」
オムロ「初日マネが動いた可能性も」
ソルシエール「ちょうど偶数だから、やろうと思えば」
うさまる「今何人だっけ、12?」
オムロ「なくもないわけですよ」
ソルシエール「できるね>両方とも」
クライト「「残り半分じゃよ!」」
さなえ「2人のバサが初日から同時に動く可能性は」
さなえ「低そうだしね」
ソルシエール「14→12」
マーガリン「できるね~
オムロ「どっちかがマネかねぇ・・・・・・?」
キリシア「バサどうしはわかるの?」
オムロ「もしくはバサか・・・・・」
さなえ「わからないよー」
オムロ「バサ同士はわからんよー」
マーガリン「わかんないー」
ソルシエール「バサ同士はわからないです」
キリシア「ほほう」
うさまる「バサ同士は分からなかったはず」
ソルシエール「マネマネ同士だけー」
カルフェ「そうなのかー」
キリシア「ありがとですっ」
さなえ「バサは誰がマネかは分からない」
さなえ「同時吊りってことでいいのかな」
オムロ「まぁでも死人出しちゃってるわけだし」
オムロ「12人?」
マーガリン「同時吊りするなら最後あわせるよ~」
ソルシエール「12だね」
オムロ「同時吊りでいいんじゃないかな?」
うさまる「6ずつで」
さなえ「同時吊り把握」
いんる「同時賛成」
ソルシエール「二人とも同時追放でー」
ちぃ「同時吊り?」
キリシア「把握しました」
カルフェ「同時は票を同じ数に合わせれば・・・?」
さなえ「違う動きを見せた人は怪しんじゃうね」
オムロ「二人に投票して」
ソルシエール「うんうん」>カルフェ
カルフェ「2人とも追放なの??」
オムロ「あ、村長説明きぼんn」
ソルシエール「同数だと一回決選投票になります」
うさまる「どちらかはマネマネかもしれない、という事」
キリシア「誰??」
オムロ「2人同時に投票すると」
オムロ「同時に追放できる」
ソルシエール「んで、決戦でも同数だと二人とも追放」
うさまる「ユウトさんとちぃさんだね」
マーガリン「ユウトさんとちぃさん」
さなえ「今回の場合はユウトさんとちぃさんだね」
キリシア「ありがとですっ」
クライト「「そこまで!」」
さなえ「メモったら楽よ~」
クライト「「さて、ちと話が出たでの」」
クライト「「万が一、投票後に最多得票数の人物が」」
クライト「「複数いた場合、じゃ」」
クライト「「該当者のみに投票する決選投票を行い」」
クライト「「それでも同数が覆らん場合は」」
クライト「「該当する者全員を同時に追放する事となる」」
クライト「「ま、そんな感じじゃ」」
クライト「「では、これより追放投票を行う」」
クライト「「投票順は、先の指名順と同じ」」
クライト「「数の大きかったものから時計回りじゃ」」

【追放投票】
(投票者→投票先&その時点での得票数)
うさまる→ユウト1
ちぃ→ユウト2
オムロ→ちぃ1
キリシア→ちぃ2
さなえ→ユウト3
ステラ→ちぃ3
ソルシエール→ユウト4
カルフェ→ちぃ4
ミエルン→ユウト5
いんる→ちぃ5
ユウト→ちぃ6
マーガリン→ユウト6

クライト「「投票の結果…ユウト、ちぃ」」
クライト「「お前さん方、同数じゃ」」
クライト「「ちとわしの近くへ出てくるがよかろう」」
クライト「「まず、ちぃや」」
クライト「「皆に主張があれば」」
クライト「「この頭の上に吹き出とる感じの枠あるの」」
クライト「「これ一つ分で、好きに喋るんじゃ!」」
ちぃ「何の力も持たないエテーネの民です~」
クライト「「ユウト。何かあるかの?」」
ユウト「僕もエテーネの民です」
クライト「「との事じゃ」」
クライト「「では、これより決選投票を行う!」」
クライト「「通常の投票が二名のみに集中しとる為」」
クライト「「先の投票先を変えなければ」」
クライト「「!」」
クライト「「で合図するがよかろ」」
クライト「「変えたい場合は、名前を言うんじゃよ」」

※全員投票先変更なし

クライト「「うむ」」
クライト「「決選を経ても決着せんかった為」」
クライト「「ちぃ、ユウト」」
クライト「「お前さん方を同時に追放とする!」」
クライト「「ちぃや、皆に言い残したい事は?」」
ちぃ「何もしてないのに先立つ不幸を許してくれ~」
クライト「「ユウト。どうじゃね?」」
ユウト「僕悪いプクリポじゃないよ!?」
クライト「「との事じゃ!」」
クライト「「では、きぬのローブをまとって」」
ソルシエール「二人ともかわいい…!」
キリシア「ww」
うさまる「もふもふ」
さなえ「かわええのぉ・・・」
クライト「「左手側、なんぞ死者の気配のする方へ」」
クライト「「行くがええ!」」
クライト「「さて、マネマネの気配じゃが…」」
クライト「「まだ残っておるのう」」
オムロ「おいおい冗談よしてくれ・・・・」
さなえ「知ってたー」
クライト「「さて、これがこの村の一日じゃ」」
うさまる「まあ、そうか…」
クライト「「これを繰り返して」」
クライト「「マネマネの全滅か、或いは」」
クライト「「エテーネの数が減るか決まる訳じゃな!」」
クライト「「という訳じゃ。二度目の見張り」」
クライト「「始めようではないか!」」
クライト「「皆、村名産のサイコロをコロコロじゃ!」」

※2日目見張り組み合わせ
ミエルン→カルフェ
いんる→オムロ
マーガリン→うさまる
キリシア→さなえ
ステラ+ソルシエール

【2日目見張り:ステラさんと】
ソルシエール「よろしくです~」
ステラ「よろしくです!」
ソルシエール「初日の二人がもしもマネマネなら」
ソルシエール「いてもあと1人だとは思います」
ステラ「ふむふむ」
ソルシエール「でも、バーサーカーもいるだろうから」
ソルシエール「まだ分からないねー」


クライト「「残り半分じゃよ!」」

ステラ「だね」
ステラ「バーサーカーって何人くらいかな」
ソルシエール「ん~」
ステラ「ひとり?」
ソルシエール「たぶん1人…?」
ソルシエール「初日の二人がほんとにバーサーカーの可能性」
ソルシエール「も、捨てきれないところではあるけどもw」
ソルシエール「でもまぁ、同時はほぼないかと」
ステラ「ふむふむ」

クライト「「朝が来たぞー!」」

ソルシエール「あさ~」
ソルシエール「がんばろう!」
ステラ「うん!」


※広場へ戻る

クライト「「元気な者はそのまま下へ!」」
クライト「「元気でない者はきぬのローブで下へ!」」
クライト「「さあ、今日も元気にカツ丼じゃよ!」」
クライト「「おや、また一つ空席が増えたのう…?」」
クライト「「うさまる の命の灯が消えておる!」」
クライト「「部屋で何かあったものは…」」
クライト「「コロニールまで秘密の連絡、じゃ!」」
クライト「「うむ。やはりうさまるもまた」」
クライト「「二度とこの場には戻らん様じゃ…」」
クライト「「では、二回目の会議といこうかの」」
クライト「「会議スタートじゃ!」」

【2日目会議】
オムロ「各部屋状況よろしくー」
マーガリン「マネうさまるさんをキラーでやっつけたよ!」
さなえ「キリさな平和ー」
オムロ「いんるオムロ平和でした」
ソルシエール「ステラソル組み平和ー」
キリシア「さなえキリ平和」
いんる「いんるオムロ平和」
マーガリン「お仕事完了したから吊ってもよし~」
キリシア「キラー把握」
カルフェ「ミエルンさんカルフェペア平和ー」
ソルシエール「うーん、まぁそこはそうだよね」
ソルシエール「それで終わらないとなると」
マーガリン「いえーいひさびさに仕事出来て感無量」
さなえ「キラー対抗なし?」
ソルシエール「初日のふたりがどっちかほんとにエテーネか」
オムロ「誘われた側がやられたというのも」
マーガリン「マネ3なら多分終わってるよね~」
オムロ「視野にいれましょうね?」
ソルシエール「マネ3なら終わってるはず」
オムロ「マネ3じゃねぇだろうなぁ」
オムロ「今回慎重すぎる」
カルフェ「!」
マーガリン「同室の可能性も・・?」
オムロ「あんましゃべんねぇとことかぁー」
カルフェ「(なんとなく3人だと思ってた・・・」
オムロ「白チャ飛んでるとことかぁ」
オムロ「怪しいんだけどねぇ」
オムロ「そういうとこも見られるぞー」
クライト「「残り半分じゃよ!」」
さなえ「マネ4だと思ってたけど・・・」
オムロ「毎回言ってるけどな?」
さなえ「3なのかな?」
マーガリン「各自怪しいとおもうひとを投票・・・?」
ソルシエール「マネ4の可能性もあるかぁ…」
ステラ「マネ3じゃないの?」
オムロ「だったら思いっきり怪しいマーガリンちゃん」
オムロ「投票しますわ」
ソルシエール「数は決まってないですよ」
マーガリン「おっけー」
さなえ「回によって違ったりするからねー」
キリシア「数はわからないのか」
ソルシエール「人数によって変わる」
さなえ「バサも1だったり2だったり」
マーガリン「エテ陣営減っちゃうけどまぁキラー使用した」
オムロ「キラーだったら」
キリシア「ふむ」
マーガリン「から吊られてもいいよー」
ステラ「不便じゃのう」
オムロ「用済みだしね」
ソルシエール「まぁ、マーガリンさんを追放して」
キリシア「1回だしね」
いんる「とりマガ賛成」
ソルシエール「終わらなかったら明日死者だしたとこ」
オムロ「んでキラー対抗いないの?w」
マーガリン「うんうん」
ソルシエール「問答無用だよね」
マーガリン「とりマガ!w」
ソルシエール「いないからたぶん」
マーガリン「あとは皆に任せたー」
マーガリン「がんばって!」
ソルシエール「マーガリンさんはほんとかな?とは」
ソルシエール「思うけどね」
カルフェ「ふむふむ・・・」
さなえ「偽だったら吊ってーなんて言わない…か」
ステラ「うんうん」
マーガリン「うむーほんとー」
オムロ「どちらにせよ怪しい臭いしかしねぇよ」
マーガリン「紛らわしいし吊っちゃっていいよー」
オムロ「逆にそれを逆手にとることもあるだろうし」
オムロ「死人出してるしね」
クライト「「そこまで!」」

【追放投票】
ミエルン→マーガリン1
いんる→マーガリン2
マーガリン→マーガリン3
オムロ→マーガリン4
キリシア→マーガリン5
さなえ→マーガリン6
ステラ→マーガリン7
ソルシエール→マーガリン8
カルフェ→マーガリン9

クライト「「投票の結果、マーガリン」」
クライト「「お前さんがマネマネとの事じゃ!」」
クライト「「皆に言い残す事はあるかいの?」」
マーガリン「その調子で死者吊りでがんばってね!」
クライト「「との事じゃ!」」
クライト「「では、そのまま後ろへ下がるがええ!」」
クライト「「さて、マネマネの気配じゃが…」」
クライト「「うむ。まだ残っておるのう」」
クライト「「では、三度目の見張りといこうかの!」」
クライト「「皆、村名産のサイコロじゃ!」」

※3日目見張り組み合わせ
ソルシエール→さなえ
カルフェ→オムロ
ミエルン→ステラ
いんる+キリシア

【3日目見張り:さなえさんと】
ソルシエール「さて、どうします?」
さなえ「私ここで死にそうな予感がしたw」
ソルシエール「えーw」
ソルシエール「選んだ理由は、マガさんと初日一緒」
ソルシエール「だからですよ」


クライト「「残り半分じゃよ!」」

ソルシエール「まぁ、これで全然別の人がマネマネとかなら」
ソルシエール「もうわからないですが!」
さなえ「もう終わりかけだし言ってもいいのかな」
ソルシエール「うん?」
さなえ「私は真っ白なエテーネですよん」
ソルシエール「本当に?」
さなえ「なんにもできないー」
ソルシエール「ふむー」
ソルシエール「じゃああとは組んでるとこからかー」
ソルシエール「まぁどのみち死者どっかででますね」
さなえ「ですねー、でもここで見えてきそうですね」
ソルシエール「3日目ですしね~」


クライト「「朝が来たぞー!」」

さなえ「初日と2日目から見えるはず」
ソルシエール「うんうん」
さなえ「ではがんばりましょー」
ソルシエール「と、あさー」
ソルシエール「はーい!」


※広場へ

クライト「「元気なものはそのまま下へ!」」
クライト「「元気でない者はローブを着て下へ!」」
クライト「「さて、今日も美味しい朝カツ丼じゃが…」」
クライト「「ふ~む。また空席が増えたのう」」
クライト「「カルフェ、キリシア」」
クライト「「二人の命の灯が消えておる!」」
クライト「「では、部屋で何かを起こした者」」
クライト「「コロニールまで連絡じゃ!」」
クライト「「うむ。やはりこの二人もまた」」
クライト「「皆の輪には戻らんようじゃよ…」」
クライト「「さあ。三度目の会議というこかのう」」
クライト「「会議スタートじゃ!」」

【3日目会議】
さなえ「ソルさな平和ー」
ソルシエール「さなえソル平和ー」
ステラ「エミステ組平和でした!」
オムロ「まんまと自殺されました」
オムロ「カルフェバーサーカーです」
オムロ「ようやるわ」
オムロ「俺フラグビンビンやんかwww」
いんる「キリシアさんバサでした」
さなえ「オムロさんはめっちゃ怪しい」
オムロ「怪しいだろうね」
オムロ「自殺されてるし」
さなえ「初日うささんと同室だし」
オムロ「ここまで生き残ってるし」
オムロ「それは」
ソルシエール「初日:オムロ+うさまる」
オムロ「さなえさんとこも」
オムロ「同じなんだけどねぇ?」
ソルシエール「二日目:オムロ+いんる」
オムロ「ソルシエさん」
オムロ「カルフェちゃんとこで」
ソルシエール「うさまるさんは2日目でカウンターくらって」
オムロ「我慢しました?」
ソルシエール「残りはこの二人ってことですね」
ステラ「ふーむ」
オムロ「そうやっていって」
ソルシエール「死者も事件もない」
ステラ「いたって平和」
ソルシエール「死者出し、あるいは死者と絡みのあった」
オムロ「自殺されてしまったわけですし」
ソルシエール「オムロさんといんるさんが怪しい。」
オムロ「俺なにもないエテーネの民だけども」
ソルシエール「で、聞きたいんですが」
ソルシエール「役職残ってますか?」
オムロ「吊るなら吊るがいいよ」
ソルシエール「キラーもしくは魔物博士。」
ソルシエール「今日オムロさんを追放し」
オムロ「吊ってもマネマネ勝ちだろうがな」
クライト「「残り半分じゃよ!」」
ソルシエール「明日いんるさんと残った役職さんでが」
ソルシエール「理想的」
オムロ「そうだね」
オムロ「そうすればいい」
オムロ「さなえさんとソルシエさんの」
オムロ「波に乗ればいいのでは?」
ステラ「ふたりに絞って投票かな?」
オムロ「マガさんと一緒だったしねさなえさんとこ」
ソルシエール「いや、数的に一方に絞ったほうがいい」
オムロ「それについてはなにもなしなのかな?」
ソルシエール「今日はまずオムロさん」
ソルシエール「明日もあるようならいんるさん」
ソルシエール「でないともう数が足りないですよ」
オムロ「どうぞ吊ればよろしい」
さなえ「でもマガさんはキラー以外に考えにくい」
オムロ「俺はソルシエさんに」
オムロ「投票しますわ」
ステラ「だね」
ソルシエール「そうだね、マガさんは真キラーだね」
オムロ「いいのかい?」
オムロ「思う壺だよ?」
ソルシエール「いい?言っておくけど」
オムロ「このまましゃべらせておくと」
ソルシエール「私は3日間何もなしですよ」
オムロ「はたしてそうだろうか?」
ソルシエール「死者出しから追放していかないと」
いんる「マガさん真を押すところが怪しいソルさん」
ソルシエール「もう数が足りないです」
さなえ「ほとんどの人がマガさんを真キラーだと」
オムロ「俺はソルシエさんに投票するがな」
さなえ「思ってるはず」
ステラ「だって対抗いなかったし」
オムロ「ちぃさんが」
ソルシエール「まぁ、オムロさんといんるさんは私だよねw」
さなえ「ソルさんに対抗するいんるさんも怪しいね」
クライト「「そこまで!」」
ソルシエール「今日はオムロさんで」
オムロ「役職持ちだったということも」
オムロ「スルーということかな」
クライト「「うむ! そこまでじゃ!」」
クライト「「では、これより投票に移るとするぞい」」

【追放投票】
ソルシエール→オムロ1
ミエルン→オムロ2
いんる→ソルシエール1
オムロ→ソルシエール2
さなえ→オムロ3
ステラ→オムロ4

クライト「「投票の結果、オムロ」」
クライト「「お前さんがマネマネとの事じゃ」」
クライト「「何か言い残す事はあるかいの?」」
オムロ「へし折りそこねたわぁwwwwww」
オムロ「以上」
クライト「「との事じゃ…」」
クライト「「では、死者っぽいスペースへ行くがええ!」」
クライト「「…さて、マネマネの気配じゃが…」」
クライト「「うむ。まだ残っておるのう」」
ソルシエール「だよねー」
さなえ「知ってる」
クライト「「では、四度目のサイコロと行こうかの!」」

※4日目見張り組み合わせ
ソル→いんる
ミエルン→さなえ
ステラ(村長同室)

【4日目見張り:いんるさんと】
ソルシエール「さぁこい!」
いんる「ふえええw」
ソルシエール「ふふふ」
ソルシエール「なんなら餓死を選んでみる?w」
いんる「もうむりだあああ」
ソルシエール「あはは、がんばったよ!」
いんる「餓死選ぶもん!」
ソルシエール「えええ」
ソルシエール「食べなさいよ!」
ソルシエール「それでもマネマネですか!w」
いんる「一瞬でもえっとおもわせてやるう><」
ソルシエール「ぶーw」
ソルシエール「やるなぁ…w」
いんる「みんなびっくりするはず!」
ソルシエール「私が食べました!って言うからいいよ!」
ソルシエール「ぶーw」
いんる「わーいw」


クライト「「残り半分じゃよ!」」

ソルシエール「ほんとに餓死した…w」
ソルシエール「なんという…w」
いんる「もう無理だぁ・・・・(´・ω・`)」
ソルシエール「初日が見事だったなぁ」
いんる「2夜目でオムさんとラインつなぐんじゃなった」
いんる「そうそう」
いんる「1夜目すごい」
ソルシエール「うん、そこだよね」
ソルシエール「初日ふたりともほんとにバサなのね」
いんる「あとGJもつらかった」
ソルシエール「んだねぇw」
ソルシエール「二日目以降がきびしかったね」


クライト「「朝が来たぞー!」」

いんる「うぬ・・・」
ソルシエール「それでは!」


※広場へ

クライト「「元気な者は下へ!」」
クライト「「元気のない者はローブ姿で下へ!」」
クライト「「さて、朝カツ丼じゃが……ううむ」」
クライト「「また一つ席が空いたのう」」
クライト「「いんる の命の灯が消えておる!」」
クライト「「何かあった者はコロニールまで連絡じゃ」」
クライト「「うむ。やはりいんるもまた」」
クライト「「この場には戻らん様じゃのう…」」
クライト「「ん?」」
クライト「「!」」
クライト「「おお!」」
さなえ「…あぁ」
ソルシエール「私がやりました」
キリシア「やったー!」
クライト「「全てのマネマネの気配が」」
ソルシエール「なにもしてないけどね!?」
さなえ「餓死?」
ステラ「WW」
ソルシエール「うんw」
さなえ「あきらめないでーー!」
キリシア「おつかれさまでしたぁ」
いんる「オナカヘッタ・・」
オムロ「いんるかっけぇよお前・・・」
ソルシエール「あえての食われにいったというのにw」
オムロ「よくやった・・・」
クライト「「うむ!」」
ソルシエール「初日すごいわ」
ステラ「そっか、ソルさんたべたら決定だもんね」
ミエルン「なにも役にたってないです」
クライト「「女子会チックな顔ぶれになっとるが」」
さなえ「うふふ」
クライト「「村の平和は守られたぞい!」」
ソルシエール「私エテーネなんで!」
オムロ「飢え死にしかもうねぇしなwwwww」
クライト「「よし、お嬢さん方!」」
クライト「「わしと一緒に村を再建しようではないか!」」
さなえ「やだ村長エロい」
ソルシエール「あ、次の新天地もとめて旅立ちます」
クライト「「!?」」
ステラ「私も!」
クライト「「あれ、わしの村……」」
さなえ「女子4人で新たな村作りますわー」
ソルシエール「ねー!」
ステラ「ね~♪」
ソルシエール「村長ばいばい!」
さなえ「お元気で!」
クライト「{こうして、女子四人パーティの}」
クライト「{新しい平和な村が出来たのでした}」
クライト「{が、そのお話はまたどこかで……}」
クライト「という事で。」
オムロ「(あれ???)」
クライト「汝はマネマネなりや? 初級編。」
オムロ「(誰も食ってない俺悪くないね??)」
クライト「今回はエテーネ陣営の勝利でした!」
オムロ「(次の村へ行ってきますね??)」
クライト「おめでとう!」
ポルクス「おめでとうございます!」
リク「おめでとうございます!」
マーガリン「おめでと~!」
ユウト「おめでとう!」
アッシュ「※とりあえずこんちえはすでに逃げてます」

クライト「という訳で、若干駆け足で」
クライト「役職公開を!」
クライト「○ エテーネ側 ○」
クライト「仕事した魔物キラー:マーガリン!」
クライト「仕事なかった魔物博士:ステラ&ミエルン!」
クライト「生き残りの民:さなえ&ソルシエール!」
クライト「ローブ姿になっちゃった民ズ:」
クライト「ゆか、キリシア、ちぃ!」
クライト「● マネマネ側 ●」
クライト「最後のマネマネ:いんる!」
クライト「追放されたマネマネ:オムロ&ユウト!」
クライト「キラーに返り討ち。マネマネ:うさまる!」
クライト「仕事したバーサーカーズ:」
クライト「カルフェ&こんちえ!」
クライト「そして主にルーム管理担当のコロニールと、」
クライト「初級編進行役・村長でお届けしました。」
クライト「改めてエテーネ側、勝利おめでとう!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。